探偵日記

3月 02

探偵日記 03月02日木曜日 曇り午後雨とか

11時、報告と集金があって、依頼人と会う。古くからの依頼人で、渡した報告書を見るでもなく、費用を払いさっさと帰って行った。互いの信頼関係が出来ているのだろうが、探偵にとって上客といって良い。但し、ご依頼人が僕のことをどう思っているかは不明。(笑)

探偵とは 2

昨年5月、また2人若い調査員が独立していった。これで15名が僕の所から巣立ったことになる。探偵見習から一人前の探偵として、不況下の荒波にいかだで船出するようなもので、当の本人は不安で一杯だろう。日本の探偵業界は5000社あるといわれている。しかし、大半は1人1社で、或いは数人で営んでいるがいずれも零細である。しかし、こういった一匹狼的探偵のほうが腕は良い。なぜならば、必死にならなければ生きてゆけないから。