探偵日記

3月 13

探偵日記 03月13日月曜日 曇り

土曜日、久しぶりに従兄の家族と会った。従兄は入院中で、その奥さんと二男の妻子。2歳半という娘がたいそう可愛く、幸せなひと時を過ごせた。従兄の妻が言うには、僕の生母から預かってる品があり、それを渡したい。との由。受け取ってみると、懐かしい写真の数々。それと、祖父母の戒名が書かれた木札が入っていた。16人兄弟の末っ子の母が、自分の流転人生に片時も離さずに持ち歩いていたらしい。祖父母は山口県の出身で、若いころすでにもうけていた3人の子を連れて朝鮮に渡り、京城(今のソウル)でひと財産を築いたが、敗戦によって全てを失った。今後は、僕がその木札を大切にしなければならないのだろう。

探偵とは 8

最近はテレビなどに出る探偵が増えた。まあそれによって受件に結びついているようだから、ある種の営業で結構なことである。では、自分にオファがあったらどうするか。迷わずお断りするだろう。と思う。平成の初め、フジテレビの「今夜は好奇心」とかいう番組があり、うっかり顔を出して失敗した経験がある。制作の過程で他の調査員はモザイクをかけてもらったが、責任者だけは素顔を出してもらいたい。というのが制作会社の要望だった。当時事務所には20数名居て僕が現場に出ることはほとんどなかったから承知した。ところが、この頃、銀座の某高級クラブに客を装って内偵に入っていた。身分は広告会社の営業部長とし、依頼人にいただいていた潤沢な経費で豪快に遊んでいた(否、実は仕事なのだが)のに、バレテーラのなったのである。
しかし、最近はホームページなどに顔写真を載せるほうが客に安心感を与えるとかで、公開する人が多いとか。これも時代の流れだろう。