探偵日記

10月 12

探偵日記 10月12日木曜日 晴れ

今は晴れているが、今夜から秋雨前線に覆われ暫く雨の日が続くらしい。日曜日のコンペが心配である。
実は一昨日方位の先生を訪ね、気になっていることを聞いた。まず娘のこと。彼女は昨年4月、サラリーマンと結婚して我が家を出て、北区赤羽のマンションに新居を構えた。真面目な夫は財形に励んでいたようで、数千万円の物件を即金で購入。僕とは真逆の人物に接し、へ~ッと思ったが、世の中こんな人が多いのだろう。ところが、以来娘は病気がちになった。それも奇病とも思えるような症状が続き、大学病院に何回も検査入院するのだが原因は一向に分からない。最終的に、「膠原病の一種」ではないか。というのがヘボドクターの見立てらしい。
そしてその方位の先生曰く、僕から娘や娘の夫の氏名生年月日、住所などを聞き、「最悪の方向に行ったね」と断じた。探偵の僕は無信心で、思想的にも中庸。平たく言えば(神も仏もあるものか)が信条である。ただ一つ、「方位」だけは重んじる。昔から良く(名医より方位)といわれるように、方位による様々な影響は人の力ではいかんともしがたい面があるようだ。娘はまず、平成30年7月13日又は16日、南西の方角に転居し、3か月後にマンションに戻ることを勧められた。
ついでに、我が事務所のことを聞いてみると「打つ手無し」そりゃああんまりでしょう先生様トホホ。