探偵日記

10月 14

探偵日記 10月14日土曜日 雨

大学病院で「喘息」と診断されてから1か月以上経過した。吸入薬で治療しているが一向に改善しない。どころか、数日前からさらに悪化した模様で、激しく咳き込み痰も出るようになった。昨夜は熱が出て震えながら帰宅した。風邪かな?と思って風邪薬を飲んでぐっすり寝たら、今朝は比較的調子良く起きた。本当はゆっくり休んでいたかったのだが、16時に1件報告があり事務所に出た。
友人のブログを覗いたけど更新しておらず少しガッカリする。僕も写真付きでやりたいんだけど、いくら教えてもらっても出来ない。基本的に頭が悪いのだろう。
最近の車は障害物を感知して自動的にブレーキがかかる。僕の車もそうだ。ところが、一昨日、「追突」してしまった。助手席のものを取ろうとしてちょっと目を離したら急ブレーキがかかった。僕自身もブレーキを踏んだので衝突は避けられた。と思ったら、前の車から降りてきた職人風の男が警察を呼ぶという。僕はエッと思った。(ぶっつかってないじゃん)と思ったが夕方の混雑時、大きな声を出してもしょうがないかと考え警察の事故係を待った。その間、双方の車を精査してみた。僕の車は勿論のこと、相手の車のバンパーもかすりきず一つない。やがて駆けつけた事故係も笑っている。すると、相手が言った「腰が痛いので病院に行く」と。警察官が僕に「職業は」と聞くので(無職)と応えた。相手の男は(建設業で自営)という。会社の名前は?と聞かれ「特に無い」と応えた。自営で屋号も無いのかよ。と思ったが黙っておいた。この日は依頼人と面談の予定があったので地味なスーツにネクタイを締めていた。バックミラーでベンツを見て、下りてきた僕が大人しそうな人間に見えたのだろう。(しめしめ、暫くこれで楽してやろう)と考えたかどうかわからないが、さて、思い通りにいきますやら。