探偵日記

11月 20

探偵日記 11月20日月曜日 晴れ

今朝は本当に寒かった。シャワーをするとき、ヒーターをつけて温まったころから始めるのだが、充分時間はたっているのにまだ寒い感じだった。冬物のコートを着て家を出る。地元の阿佐ヶ谷では「肩を丸めて歩かないように」何時も見張り番から注意されている。駅に着いた時、見張り番の飲み仲間で、少し前まで佐賀大の教授だった人と会い、軽く挨拶して別れる。彼は「こんにちわ」と言い、僕は(お早うございます)と返す。
昨日のコンペ「サンサン会」一時はトップになったが、ロングの7番ホールでつまらないミスをして優勝から遠のく。ただ、クラブハウスで昔の遊び仲間と思わぬ再開をした。当時彼は某大手企業の営業部長、歌舞伎町を走り回った挙句、一緒に韓国旅行もした仲。勿論ゴルフも良くやった。ちょうど僕の後ろの組だったので朝一番のショットは緊張したが、ナイスショットだった。再会を約束した。

探偵 4-7

調査員の報告によれば、マルヒは財務省を出ると地下鉄日比谷線で「中目黒」までまっすぐ帰り、徒歩10分ぐらいのところにある官舎に帰ったとの由。帰宅した部屋のネームプレートや、届いている郵便物などから分かった名前は、マルヒが依頼人に教えていたものとは全く異なる名前だった。例えば、「鈴木一郎」と「山田太郎」ほどの違いだった。さらに調査を進めた結果、既婚者であること、卒業したのは東大法科で、年齢も3歳さばを読み、誕生日も異なり、すべて嘘だったのだ。某日、官舎で張り込んでいると、マルヒが妻と二人の女児を連れて出てきた。調査員は妻を見て仰天したという。(所長にも見せたかったですよ。松嶋菜々子そっくりで、子供も母親にの可愛い女の子でした)実際、僕もそれらの写真を見て(勝負にならないな)と思った。まあ、男という動物はどんなにいい女を女房にしても、ものの2~年もすれば飽きて他の女性に目移りするものだと思う。ただ、ほとんどの亭主たちは、当面の衝動を理性で抑え込むものである。

調査を終え、報告のため依頼人の指定するホテルのロビーで会った。その都度中間報告はしていたので、報告書は家族の写真が張り付けてあるものだけ見せて口頭で説明した。依頼人はエ~と大げさに驚いていたが、心の整理はつけて来たようで取り乱すようなことはなかった。僕が(酷い奴だね、こんな男が国の根幹ともいえる省庁に居るなんて許せない。なんだったら少し懲らしめてやりましょうか)と言うと、依頼人はにっこりほほえんで「いいえ結構です。金持ち喧嘩せずっていうから」とのたもうた。この間依頼人から少しづつ聞かされていたのだが、彼女は郷里に膨大な資産を持ち、今住んでいるマンションも1棟すべて所有しているほどで、(大金持ち)なのだ。その後ぽつりと一言付け加えた「お金を取られたわけじゃあないし」と。僕はそんな依頼人をじっと見つめ(でも貴女は心を盗まれたでしょう)と言ってやった。---