探偵日記

12月 06

探偵日記 12月06日水曜日 晴れ

今日も早起き。06時半に携帯のアラームをセットして寝たがその前に目覚め、朝食を済ませて支度する。中央線と地下鉄丸ノ内線を1台づつやり過ごし、神谷町で下車。約束の時間の5分前にホテルのロビーに入った。ご依頼人とお茶して10時過ぎに事務所へ。今日は、16時に最近仕事をさせてもらった会社に呼ばれている。それが終わってから雀荘に行くのも中途半端だから、多分真っ直ぐ阿佐ヶ谷に帰ることになるだろう。

結婚 6-2

昨夜「東京調査業協同組合」の理事会があり、その後、歌舞伎町のふぐやで忘年会をやった。現在、理事は8名いるが、独身が5人。理事ではないが最近同席する新人が「結婚したい」と言う。僕が即座に(何も窮屈な結婚をしなくても同棲でいいじゃあないか)と無責任に言うと、彼は真面目なんだろう「いや~ハッハッハ」と曖昧に笑っている。もしかしたらちょっと僕のことを軽蔑したかもしれない。僕にとって結婚は重いもので、苦労でもある。若い人(彼は30歳)にそんな苦労をさせたくない。というか、急がなくてもいいじゃあないか。と思うからである。
というのも、僕は仕事を通じてあまりにも多くの(不幸な結婚)を見すぎたからかもしれない。民法では、夫婦は出来る限り同居を義務付け、(配偶者以外のものと性的関係を持ってはならない)という、れきとした法律もある。また、結婚とはある種の契約であるから、一方がその契約を反故にしようと思ったら、相応の損害賠償を相手に支払わなければならない。とにかく、正式な結婚とは面倒で難しいものである。