探偵日記

3月 30

探偵日記 03月30日木曜日 晴れ

1週間ぶりのブログ。何が。というわけではないが何となく気忙しく、毎日のようにパソコンに向かってはいるが、報告書やその他の事情でその気になれなかった。まず第一に、弊社の報告書で、夫の不倫相手に対する「損害賠償請求」の裁判で、原告(依頼人)が敗訴となった。互いが交わした愛を語る山のようなメール。その後の調査。マルヒは周囲を気にしながら不倫相手の住むマンションへ。報告書には、マンションのオートロックを解除してもらって入館し、エレベーターで当該フロアへ赴くマルヒの写真。翌朝、マンションの裏口からキョロキョロと周囲を見回しながら、勿論入った時と同じ服装で出てくるところの写真を添付。繰り返すこと4度。相手女性の身元調査も行い提出した。(多分これで大丈夫でしょう)50年にわたる経験からそのように言った。弁護士も「これいける」と判断して臨んだが、結果は(不倫とは推認できない。仮にそうであっても、マルヒ夫婦はすでに崩壊しており賠償請求の理由にはならない。)多分東大でであろう女性裁判官は、何をとち狂ったかこんな判決を出した。オーマイガー依頼人ならずともそう嘆きたくなる。世の男性諸君に告ぐ、「わが国では、妻子を捨てて家出し3か月経過すれば夫婦ではなくなるんだって」この裁判で、被告代理人の弁護士は、「確かにマンションに行き彼女の部屋を訪問しました。だけど、探偵が現場を離れた数分後退室した。」じゃあ、同じ服装で早朝キョロキョロしながら出てきたことに対しては?「探偵が現場で張り込みを開始する数分前に訪問した」と。甲00号証とした証拠資料の弊社報告書を見て、下品で狡猾な、頭の良い弁護士が組み立てた反論がまかりとおったのである。嘘も大きい声で100回言えば真実に変わるらしい。クリスチャンだという不倫相手の女性、大切な妻と可愛い二人の子供を放り出すためなりふり構わず弁護士の作戦を良しとした男。三人は今頃どこかで大笑いしながら乾杯しているのか。神様、この人たちに愛に満ちた思し召しを。アーメン。

探偵日記

3月 22

探偵日記 03月22日水曜日 晴れ

晴れているが風が強い。事務所に着くと数年前に独立したNが待ってて、「結婚調査」が入りそうなので。との相談。僕は調査員の頃(今でもそうだが)この種の調査が好きだった。その昔は、住民票や戸籍など取り放題だった。結婚のための身元調査は、多い時はこれらの公簿を10件以上取得したのち内偵調査に入った。しかし現在は個人情報保護法によって、裏ワザを使わなくては取れなくなった。そのため、尾行などの調査に頼らざるを得ず面倒くさい。ところが、フェイスブックやブログなどで思いがけず情報を得る場合がある。まさに、頭隠して尻隠さず。である。
「結婚」は、双方の家と家の結びつきであるから、当人はともかく相手側の「家」について詳しく知っておいたほうが良い。

探偵日記

3月 21

探偵日記 0321日火曜日 雨

朝から小ぬか雨。今日は11時と13時に来客があり、いずれも報告しなければならず、一つはまだ完成していない。というわけで、早めに事務所に着いた。こんな日においでいただくのは気が引けるのだが、どうしてもいらっしゃるとの由。
話は変わるが、今週末にも桜の開花宣言が出そうだ。僕は花見の趣味は無い。というより、大勢でわいわい言って飲む席が嫌いなのだ。どっちかちうと、山の淋しい湖で紅葉をながめたい。勿論妙齢の美女と一緒に。などと、叶わぬ夢を追って、成就せずに終わる。今年こそ、日光でも京都でも良い。ぜひ実現させたいものである。

探偵日記

3月 16

探偵日記 03月16日木曜日 晴れ

本当に春らしい陽気になった。浅田次郎さんは、夏から秋にかけての季節が好きだと何かに書いていたが、僕は、冬から春そして夏にさしかかる頃が好きだ。だから、ゴルフもこれから調子が上がってくる。はずである。したがって、今度の日曜日に行われる阿佐ヶ谷のコンペ「サンサン会」には期するものがある。現在、8回終了してポイントの合計がトップ。もう一度優勝すれば間違いなく総合優勝だろう。(笑い)
そんなことより仕事はどうした。今抱えている案件は4っつ。昨日新しい問い合わせが有ったが結論は出ていない。相変わらず貧乏探偵事務所の前途は多難である。

探偵とは 9

最近、探偵に必要な資質についてよく考える。何時も言うようだが大きく分類すると(ハテナと思う)?の多い人が良いと思う。勿論健康でなければならないが、体育会系は少々疑問符が付く。当てはまる人がいたら申し訳ないが緻密さに欠けるかもしれない。欲を言えば、刑事を志し、成るにはなったが途中で挫折した。何ていう人が良いと思う。また、学生時代演劇をやった人も良いかもしれない。体系的には中肉中背、視力2,0、当たり前だが耳もいい人が良い。全体の印象としては、どこにでも居る普通の人。何度道ですれ違っても全く記憶に残らないほど影の薄い人。そう、僕みたいな。

探偵日記

3月 13

探偵日記 03月13日月曜日 曇り

土曜日、久しぶりに従兄の家族と会った。従兄は入院中で、その奥さんと二男の妻子。2歳半という娘がたいそう可愛く、幸せなひと時を過ごせた。従兄の妻が言うには、僕の生母から預かってる品があり、それを渡したい。との由。受け取ってみると、懐かしい写真の数々。それと、祖父母の戒名が書かれた木札が入っていた。16人兄弟の末っ子の母が、自分の流転人生に片時も離さずに持ち歩いていたらしい。祖父母は山口県の出身で、若いころすでにもうけていた3人の子を連れて朝鮮に渡り、京城(今のソウル)でひと財産を築いたが、敗戦によって全てを失った。今後は、僕がその木札を大切にしなければならないのだろう。

探偵とは 8

最近はテレビなどに出る探偵が増えた。まあそれによって受件に結びついているようだから、ある種の営業で結構なことである。では、自分にオファがあったらどうするか。迷わずお断りするだろう。と思う。平成の初め、フジテレビの「今夜は好奇心」とかいう番組があり、うっかり顔を出して失敗した経験がある。制作の過程で他の調査員はモザイクをかけてもらったが、責任者だけは素顔を出してもらいたい。というのが制作会社の要望だった。当時事務所には20数名居て僕が現場に出ることはほとんどなかったから承知した。ところが、この頃、銀座の某高級クラブに客を装って内偵に入っていた。身分は広告会社の営業部長とし、依頼人にいただいていた潤沢な経費で豪快に遊んでいた(否、実は仕事なのだが)のに、バレテーラのなったのである。
しかし、最近はホームページなどに顔写真を載せるほうが客に安心感を与えるとかで、公開する人が多いとか。これも時代の流れだろう。