探偵日記

10月 30

探偵日記 10月30日月曜日 晴れ

ようやく秋らしい天気が戻ってきた。
昨夜、地元の阿佐ヶ谷で晩御飯を食べて帰宅し、さあ寝ようと思ってベッドで横になった途端喘息の発作が起き死ぬ思いをした。病院から貰った薬がちっとも効かないのか、効いてるからこそこの程度でおさまっているのか良く分からない。今度は11月4日(土曜日)診察の予約が入っているのでしっかり聞いてみよう。この日はほかにも検査があって、1日中病院に止まるようになるだろう。こちらのほうは、今から7~8年前、死に来た病院(本当は河北病院という)で、(膵臓に腫瘍が見られる)と言われ、本当ならもうとっくに死んでいてもおかしくない。のだが、今の病院で、(再検査してみよう)ということになったからである。15日が大腸だから何かと気がかりな健康状態といえよう。

結婚 2-3

なにわともあれ、一流ホテルで式場の予約も済ませ、いよいよ「結婚」に向けての準備に入った。デートは1週間に1~2度、勤務先も近く会うのは大手町や銀座界隈のことが多かった。先日、ホテルに行った際、申込の手付金を支払う際、彼女は持ち合わせがなかったので彼が立て替えるということになった。実際は、前回のものが残っていたので、ホテル側に払う必要は無かった。「じゃあ貸しとくね」という彼に甘えて、ごめんね。と言ったものの何となくすっきりしない気持ちで別れ、この日のデートとなった。指定されたレストランの前で待っていると、数分遅れて彼がやってきた。普通、ごめんごめん待たせちゃったかな。さあ入ろう。といって店に入るものだろうと思ったが彼は彼女の顔を見るなり手を出して「返してくれよ」と言い放った。生来、おっとりとした性格の彼女はとっさに彼のいうことが分からなかった。エッ思い返事が出来ないでいると、彼は怒気を含んだ顔で「あれだよあれ、式場の申込金」と言ってまだ手を出したまま彼女を睨みつけるようにしている。
そんな話を僕にした後、御嬢さんは何か思い出し笑いをするような顔で、(その日彼が指定した店は、何かのサービス日で、飲み物以外料金が無料になっていたんです)と付け加えた。これまでデートの費用はすべて彼女持ち、珍しく「今日は僕に任せて」と言った裏にはこんなからくりがあった。----------

探偵日記

10月 27

探偵日記 10月27日金曜日 晴れ

今日は爽やかな秋晴れ。朝、部屋の窓を開けて空気を入れ替える。我が家には犬と猫が1匹づつ居て、彼、彼女らの毛が家じゅうに飛散する。僕の部屋も普段は入れないようにしているが、ドアの開閉時舞い込む。少し前まで猫は3匹だったから毛の量も多く賑やかだった。犬のネクタイは16歳、猫のリボンは23歳だから人間に例えればかなりの高齢だ。もうボケていてリボンなどおしっこを僕の目の前で堂々とする。ネクタイは日がな寝ていて気管支炎を患い絶えずゴホゴホしている。しかし、とってもかわいい家族たちである。

結婚 2-2
二人は上場企業に勤務する者たちだけが入れる結婚相談所で出会った。勿論共に初婚である。男性の方は彼女にひと目ぼれし、彼女も結婚願望が強い分だけ、男性の勤務先や、まあまあの容姿に手を打って交際を始めたようだった。彼女の話すことを要約するとこんな塩梅である。1)彼が(君のご両親に挨拶したい)と言うので、或る日、自宅に近い駅で待ち合わせして家に案内することになった。待っていると改札から彼が出てきたが手ぶらであった。婚約者の実家を初めて訪れるのだから何か手土産を持参してくると思っていた彼女だった。すると、彼が(手ぶらっていうわけにはいかないよね)と言うので、ほっとした彼女が、遠慮がちに(そうですね)と言うと、にっこり笑った彼が駅前の八百屋に行き、リンゴを3つビニールの袋に入れて貰って、さあ行こう。と言った。少々驚いたが、まあそんな考えの人も居るだろう。と思った。2)式場探しとなり、休日喫茶店で落ち合ってホテル巡りをした。彼は目星をつけていたホテルが有ると言いNホテルに赴いたが、係の人との会話で少し前予約を取消し、申込金を支払っていることが分かった。ということは、自分の前にお見合いで婚約が成立して挙式寸前まで進んだことになる。しかし何らかの事情で破談となって、式場も解約せざるを得なくなったようだ。しかし、この時も彼女は(まあそんなこともあるだろう)と寛容に受け止めたらしい。-----

探偵日記

10月 26

探偵日記 10月26日木曜日 晴れ

1日おきに晴れと雨の日が目まぐるしく変わって、本日は晴天なり。昨夜、携帯をいじってたら変になって、以後、全く使い物にならなくなった。メモしておいたIDやPWを試すもダメ。諦めて朝10時にドコモに駆け込んだ。その結果、何となく使えるようになったがなお不安が残った。午後4時、都内の某ホテルでご依頼人と面談の予定。

結婚 2-1
「もし娘に直接お聞きになった方が宜しければ是非そうしてください」と言う父親に(出来ればそのようにお願い致します)ということで、数日後、勤務先からの帰りに新宿の喫茶店で落ち合う約束になった。結婚を熱望する30歳の未婚の女性。想像をたくましくさせながら約束の喫茶店に行った。色白でややぽっちゃり、スタイルも良さそうである。何より理知的な印象に好感を持った。初対面の挨拶を終え本題に入る。彼女は「とにかく早く結婚したいんです」のっけから心情を吐露する。同窓の者や職場の同僚たちも次々と結婚をして、いわゆる寿退社してゆく。取り残されたような気持で焦るのもうなずける。女性にとって、出産のタイムリミットも考えるだろう。僕の三番目の奥さんは18歳で僕と結婚した。テレビドラマで(花嫁は18歳)とかいう番組があった時期だった。そんな本件とは関係ないことを考えながら、(この間ご両親とお会いした時にもお聞きしたのですが、何度かお会いになって、特に気にかかるようなことがあるのですか)と切り出すと、本当に真面目な人なのだろう、恥らいながら「有りません」と応える。そんなことは無いはずだ。しかし僕は、にっこり笑って次の言葉を待った。すると、何か言わなければいけないのかしら。と思ったのだろう。「こんなことを言うと笑われるかもしれませんが」と言って、僕のポリシーでは考えられないようなエピソードを語り始めた。-----

探偵日記

10月 25

探偵日記 10月25日水曜日 雨

週間予報では週末まで晴れマークだったのに、翌日の今日はもう雨。どうなってるの?とお空さんに聞きたい。
昨日は久しぶりに二人の方と会い赤坂で食事をご馳走になった。店は僕の推薦で一ツ木通りの「ななみ」かって、阿佐ヶ谷で旬彩「成海」をやっていたマー坊こと成海雅之君の店である。幸い奥の小部屋が取れて、3時間余りおしゃべりできた。

結婚 2-1
7回も結婚と離婚を繰り返してきた僕はもう結婚なんかこりごり。と思うだろうがそんなことはない。出来ればもう一度、そうだ、お見合い結婚というものを経験してみたい。或る日、中年のご夫婦が事務所に(調査をお願いしたい)といって訪れた。こういう場合、たいがい子供のことが多い。聞いてみると、某銀行に勤務する長女がお見合いして、結婚を前提として付き合いが始まり、先日式場も決めてきた。らしい。僕は(そうですかそれはおめでとうございます)といって、それで何か気になることでもありますか?というと、二人は急にもじもじして、「どこがどうというわけではありませんが、こんなことを申し上げると笑われるかもしれませんけど」と前置きして、、相手の男性について、次のように話し始めた。男性はやはり大手企業に勤める人で見栄えも悪くない。娘もその気になっているので、親としてもまとまればいいと思っているんですが、(それでどんなことが気になるんですか)都内の有名私大を出て、誰でも知っているような会社の社員、見てくれもいい。なのに?

探偵日記

10月 24

探偵日記 10月24日火曜日 晴れ

台風一過。超大型の台風21号は去ったが、昨日はまだ風が強くだらしないけどお休みした。風で飛んできた物に当たって痛い思いするのも嫌だ。しかし、今日もずる休みとはいかない。鈍った体にムチ打って事務所へ。

結婚 1
良く(仲人口)と言われるように、縁を取り持とうと一生懸命に互いを誉めそやす。しかし、そんな光景が見られなくなって久しい。(でしゃばりおよね)が影をひそめ、代わりに「日本ブライダルセンター」に代表される、斡旋型の結婚相談所が多く生まれた。面倒くさがりの、或いは自分では縁を構築できない男女がこぞって登録し、或る日、(AさんがBさん、あなたとお会いしたいというオファーがきてますが)と言われるかどうかわからないが、こんな橋渡しのような連絡が来て「面談」が成立するのだろうか。はたまた、集団お見合いパーティに参加して、胸に着けたゼッケンで仕分けされ、極めて短い時間お話が出来、(もう一度会話してみたい)と思えば積極的にアプローチする。その後は、それぞれの連絡方法を確認し合って別れ、再会し、デートを重ねたうえで「婚約」「成婚」と進むのだろう。すると、莫大な「成婚料」を請求されるが、相談所などはその後煩わしく関わっては来ない模様。(あとは野となれ山となれ)で、仮に、花嫁が(ベッドでおならをする癖があるとか)新郎が、(インポテンツ)だったとしても苦情を持ち込めない。
僕の知人の話、やはり結婚相談所で知り合い晴れて結婚した。盛大に挙式もすませいざ生活を始めてみると家事は一切しない。そのうえ、同居する姑に対し(のろま)(さあ食え)などと罵倒し、ついに暴力を振るうまでになり、わずか半年で別居。2年間の離婚の裁判を経て、数百万円の慰謝料を支払ってやっと別れられた。という、笑えない話も良く聞く。ちょっと「探偵」に相談してくれれば、そんな悪女に払うお金のン十分の一で回避できたのに。