探偵日記

5月 23

探偵日記 05月23日火曜日 晴れ

今日まで真夏日とか、昨夜はベッドに入って本を読み10時ごろ就寝。朝は可もなく不可もなく支度をして家を出る。事務所には誰もおらず皆現場に出てるようだ。何も判らないところから、調査を進めるうち薄皮を剥ぐよう少しづつ見えてくる「被調査人」の実像。
最近は女性の身元調査が多い。しかも×1×2の猛者もいて、確かに(女性が強くなった)ようだ。昔の話、ある母親からの依頼で息子の結婚相手を調べたことがある。その女性は40歳。高校生の娘を筆頭に5人の子持ち。そうして、依頼人の息子との間に出来た赤ちゃんが加わった。調べてみると実際に生活しているのは高校生の女の子と新しく生まれた男の子だけ、4人家族で推移していた。あとの4人の子は全員なんとかホームに収容されていた。戸籍を取ってみて驚いた。6人の子らの父親がすべて別人。高校生の女の子の父親は関西のヤクザ。この御仁は被調査人を含めて7回結婚していたが、同女と離婚後、「女の子は自分の子供ではない」という裁判を起こし勝訴していた。したがって、女の子だけ父親の欄が空白になっていた。尻軽というか、節操がないというか、ただ、ちょっと男好きのするいい女だった。