探偵日記

10月 24

探偵日記 10月24日火曜日 晴れ

台風一過。超大型の台風21号は去ったが、昨日はまだ風が強くだらしないけどお休みした。風で飛んできた物に当たって痛い思いするのも嫌だ。しかし、今日もずる休みとはいかない。鈍った体にムチ打って事務所へ。

結婚 1
良く(仲人口)と言われるように、縁を取り持とうと一生懸命に互いを誉めそやす。しかし、そんな光景が見られなくなって久しい。(でしゃばりおよね)が影をひそめ、代わりに「日本ブライダルセンター」に代表される、斡旋型の結婚相談所が多く生まれた。面倒くさがりの、或いは自分では縁を構築できない男女がこぞって登録し、或る日、(AさんがBさん、あなたとお会いしたいというオファーがきてますが)と言われるかどうかわからないが、こんな橋渡しのような連絡が来て「面談」が成立するのだろうか。はたまた、集団お見合いパーティに参加して、胸に着けたゼッケンで仕分けされ、極めて短い時間お話が出来、(もう一度会話してみたい)と思えば積極的にアプローチする。その後は、それぞれの連絡方法を確認し合って別れ、再会し、デートを重ねたうえで「婚約」「成婚」と進むのだろう。すると、莫大な「成婚料」を請求されるが、相談所などはその後煩わしく関わっては来ない模様。(あとは野となれ山となれ)で、仮に、花嫁が(ベッドでおならをする癖があるとか)新郎が、(インポテンツ)だったとしても苦情を持ち込めない。
僕の知人の話、やはり結婚相談所で知り合い晴れて結婚した。盛大に挙式もすませいざ生活を始めてみると家事は一切しない。そのうえ、同居する姑に対し(のろま)(さあ食え)などと罵倒し、ついに暴力を振るうまでになり、わずか半年で別居。2年間の離婚の裁判を経て、数百万円の慰謝料を支払ってやっと別れられた。という、笑えない話も良く聞く。ちょっと「探偵」に相談してくれれば、そんな悪女に払うお金のン十分の一で回避できたのに。